1億分の1の思い

c0104084_23551714.jpg


昨夜のサッカーのドイツ対イタリアの試合はすんごくよかった。

あのレベルの真剣な試合ってそうそう見れない。

後世に語りつがれるようなものを見た感じ。



在外選挙をするために領事館に投票をしに行ってきた。

国政選挙のときは大使館と領事館は土日も開けて受け付けてて

外国に住んでても登録をすれば選挙に投票できるんだよね。

1週間前までが期日なので日本ではまだ選挙運動中に投票することになるんだけど。



正直、こっちに来てから選挙ってしてこなかったんだよね(いかんな)。

でも政治家や法律や憲法改正とかで文句は言ってたりしてさ。

なんかちょっと違反しちゃったり法律上無理なこととかで

不満や反対なこととかあって文句や悪口言うことってあると思うんだよね。

駐車違反で罰金いくらって高くない?とか条例でダメっておかしくない?とか。

もしくは年金問題や少子化や保育園の問題、なんでもいいんだけど。

じゃあ選挙に行って(もしくは立候補?)その法律や条例を変えればいいんじゃないかと。

文句ではなく、自分がいいなと思うように変えればいいんじゃないかと。

ちょっと極端だけどさ。

だから文句や悪口があるなら参加しないとだな、なんて。

政治に参加してないのに文句だけ言うとかいけないなと思ったんだよね。

なんか筋が通ってない気がする。

今のこっちの会社のミーティングとかの場でもさ

みんな絶対に意見は持ってると思うんだけど

例えば考えや意見があっても自己主張しない人は

意見がないもしくは同意した人としてみなされるし

後で文句言うのは無しなんだよね。

ここらへんはかなりさっぱりしてる。

だからちゃんと自己主張しないと存在感まったくなし。

その分、討論に慣れてるのかあんだけ口論してたのに

ミーティング終わるとまた仲間に戻れるのもすごい。



そう、投票は自己主張なんだと思う。

やらないと文句を言う権利もないと思ったし。

自分の明日の行動を他人に『お前はあれやれ』とかって指図されたくもないし。

自分達の将来のことを決めることに近いかも。

人それぞれだから右でも左でも賛成でも反対でもいいんだけど

有権者(って1億人だっけ?)のなかのたったの1票だけど

全員が投票したら1億票でしょ。

ちなみにドイツの投票率は下がりつつあるけど前回の選挙で70%ちょい。

日本より自己主張してるっぽい。

いつの日か友達との集まりとかでの会話のネタに

政治の話とかが普通に出てくるようになったら面白いな。

そんなことを思って今回の参議院選挙、

オレの思いを日本に送っておきましたとさ。






[PR]
# by ide2525 | 2016-07-04 00:10 | ミュンヘン

いつかついていけなくなるんだろうなって思うこと

c0104084_19261069.jpg


ドイツのスーツケースメーカー、RIMOWA。

自分もスーツケースもここのアルミニウム製。

TSAロックがなかった頃のでもうそれなりに古く傷ものだけど。

そして重い。でも好きな形してる。



そんなリモワが電子タグ付きスーツケースをいよいよ出したんだよね。

すでにチェックインを携帯で済ませてるのに

預け荷物があるからやっぱり並んで〜っていう時間がすこしは省けるかも?

タグがなくなるとかの心配もなくなるし。

このサービスはまずルフトハンザから始まるらしい。



なんかさ、こういうのを知ると

たしかにちょっと考えればデジタルなら今の時代出来るよねなんて思うことも

それでもやっぱりそこには未来を感じる。

今後の工業製品と生活環境はインターネット(というかデジタル?)ありきなんだと思う。

そしてこのサイクルはより早くなっていくんだと思う。

まさにIoT(Internet of Things)の時代。

でね、ここでオレが思ったのはドイツのIndustrie 4.0というもの。

知ってる人もいると思うけどオレなりにばっくりと言えば(雑だから注意してね)

これから来る時代にそれぞれ個々の企業が対処、開発していくんじゃなくて

ドイツ政府も関与して官民一体となって(古い表現だな)取り組むという

そしてそれは他の業種も含めて繋がっていくことで効率も上がって

経済効果が見込まれる〜というような感じかな?

それにはインターネットを介した他業種との連携や

より高度なデジタル化が必要で、みたいな。(雑すぎた?)

IoTをリモワがルフトハンザと(どちらもドイツ企業ね)組んでやった

ということがなんかこのIndustrie 4.0と関係してんじゃないのかなって。

だとするとドイツのこの試みが将来の中心になっていくんじゃないかと。

そしてデザインの有り様もそれに合わせて変化していくんだと思う。



なんて思いついたこと書いておいておきながら

新しく電子タグ付きスーツケースに買え変えることは当分ないと思う。

今のが丈夫すぎて壊れないし汚れた感もそれなりにいい味出してるし。






[PR]
# by ide2525 | 2016-06-26 19:38 | Design

EM 2016

c0104084_643889.jpg


家の近所には何気にクロアチア系な店がいくつかあって

サッカーの試合でクロアチア戦があると

赤白のチェックのユニフォーム着た人で店が溢れかえる。

そして点が入ったときとか、彼らの野太い声が響く。

根本的に骨格が違うんだと思う。



こういうヨーロッパ選手権とかのイベントを見ると思うんだけど

ほんといろんな国の人がここにいるんだなって思う。

人のこと言えないけどね。

学校や会社で4人に1人は外国人がいる環境って

以前は想像もできなかったと思う。

クロアチア、なんか興味湧いてきたな。

今度行ってみようかな。サッカー強いし。






[PR]
# by ide2525 | 2016-06-23 06:07 | ミュンヘン

Henri's walk to Paris

c0104084_19321952.jpg


ソウル・バス(Saul Bass)って知ってる?

彼は映画好きならヒッチコック作品で有名な人。

オレたちグラフィックデザイナーにとっては

多くのロゴを作った人で有名。

特にCI(コーポレートアイデンティティー)を多く手がけてて

ロゴと色と書体で企業イメージの統一を作っていった人。

AT&Tとかユナイテッド航空とか。

東京の人にとっては京王デパートの包装紙を考えた人ね。

例を挙げるとキリがないのでまあこのへんで。

そんな彼が作った絵本『アンリくん、パリへ行く』。

レイアウトと発想が斬新な本。

言い方を変えればすごく贅沢に作ってる本。

こんなゆるいものでいいんだなあって思わせてくれる

見て楽しむ絵本。

暇なときにぽけ〜っとね。






[PR]
# by ide2525 | 2016-06-19 19:35 | 好きなものとか

目で記憶するということ

c0104084_735559.jpg


毎年4月と5月はこのときとばかりにアスパラをよく食べてて

白アスパラのときはさらに茹で汁を使って次の日にスープかリゾットにするのが好き。

これで2日うれしい。

でも食べた後のトイレは好きではない。



いよいよまたサッカーのヨーロッパ選手権が始まって

前回の大会からもう4年も経つんだな〜なんて思ったりして。

気がつけばこっちでももう4回目の大会を観てるんだなとか

ぼおっとしながら想い返してる。



想い返してるといえば

去年の今頃はデンマークに遊びに行って

あれからもすでに1年経っちゃったんだななんて。

なんかさ、写真撮ってあとで見てもそのときの感動が

うまく伝わってないときとかってあるなって思うんだよね。

壮大な風景だったり綺麗な夕日とか。

あれ、こんなんだったっけ?なんて。

すっごく感動したコンサートをあとでビデオで見たら

イマイチその感動が伝わってこないのと一緒で(一緒かな?)。

そんなとき思うんだよね、カメラや映像は目に敵わないって。

だから記憶に残したいなとかすごく感動的な景色だななんてときは

写真撮ってる時間があったらちゃんと目に焼き付けておこうって思ってる。

(あ、もちろん写真も撮るけど)

そしてちゃんとその瞬間を大事にしようって。

でも逆にどんどん目は衰えて記憶は薄れていくんだって。

写真や映像はそのための補填のような気がする。



関係ないけど『使い道のない風景』っていう本が好きだったな。

なんてまた相変わらずぐるぐるといろんなことを考えてる。






[PR]
# by ide2525 | 2016-06-13 07:08 | ミュンヘン