<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

カスタード好き

c0104084_6514619.jpg


シュークリームって日本にいたときよく食べてた。

仕事中も休日に家でも。

別に特別なとこのでなくコージーコーナーやそれこそコンビニのでも

好きなので食べるだけでうれしかった。

でもそれは以前のブログでも書いたように

カスタードが好きだから、という理由なので

中身は生クリームではなくカスタードでないといけない。

カスタードのプールで溺れたいくらい。

口を開けたらいつでもカスタードでいっぱいなの。



なんてね、ま、いいけど。

そんなシュークリームはドイツ語でWindbeutel.

これがドイツではなかなか見当たらない。

なのでcafe tanpopoに行く機会があるといつもシュークリーム。

これがオレのちょっとしたしあわせ。


c0104084_6523774.jpg


ついでに今年もまたイースターの季節がやってきたので

横にあったオースターフラーデンも一緒にゲット、という我が家の週末の食卓。
[PR]
by ide2525 | 2015-03-29 06:56 | 食に関すること

アパート文化論

c0104084_1832141.jpg


今住んでるアパートはドイツでAltbau(アルトバウ)と呼ばれててちと古い。

引っ越しの際にせっかくだから住んでみようって探したのだ。

もっと古い物件なんかいっぱいあるはず。

戦争を経験した土地にもかかわらず。

イギリスやフランスなんか数百年前のアパートとかもあってやっぱり人気らしい。

でもちゃんとリノベされてるから外見は古いけど中は結構キレイだったりする。

取り壊さずに改装して維持してきてる。

関係ないけどFC Bayernの本拠地がアリアンツアレーナに移っても

まだオリンピック公園内の競技場ってあるんだよね。取り壊されてないの。

国立競技場は新しくなっちゃうんだよね。築地市場も。



建築物ってアパートでさえ文化だとオレは思う。

今はただ古いだけのものでも、もしかしたらあと100年後の世代には

カッコよくておしゃれなものに見えるかもしれない。

同潤会アパートのように。

それとか当時の生活を知る貴重なものになるかもしれない。

へ~当時は階段っていうのがあったんだ、みたいな?



文化や伝統や歴史の長さみたいなものは大事にしたいな。

そしてちゃんと残して受け継いでいけたらいいな。

100年後の世代もこのアパートを使い続けてるのを想像したら

ちょっとすごいな、なんて。
[PR]
by ide2525 | 2015-03-16 18:34 | ミュンヘン

ソーセージとマスタード

c0104084_7265863.jpg


Löwensenfの広告。

ロックしてると思う。

どこが?とか、なんで?とかは聞かないで。



ドイツはやっぱりソーセージがおいしいね。

茹でても焼いても。

種類もいっぱいあるし。

ゼンメルやブレッツェルとでもいいんだけど、ご飯とでもいけちゃうね。

ヴァイスビールと白ソーセージなんか最高だね。

あ、もちろん白ソーセージには別のマスタードをたっぷり付けるけど。

ちなみに自分はLöwensenfではなくいつもHändlmaierのマスタード。

でもまあ今回は広告の話をしたかったので。
[PR]
by ide2525 | 2015-03-11 07:29 | Design

便利であることと豊かであること

c0104084_20828.jpg


この前会社の電動エスプレッソマシンが壊れて

久しぶりにドリップコーヒーにしてみんなで飲んだときがあって

そのときその古い習慣に賛否両論だったんだよね。

カプセルなら早くておいしいし、味も安定してるのに、みたいな。

不便だってさ。うん、間違いないね。

っていうかドリップコーヒー初めて飲んだっていう人もいたし。

そのとき思ったんだよね、オレはその『時間』を楽しんでるんだなあって。

フィルムカメラも古い自転車もそう。

車もそうかもしれない。

快適ではないかもしれないものとの時間。



それで思ったんだけど、これは別に懐古主義とかではなく、

時は金なりの解釈の違いにつながるんじゃないかと(ホントか?)。

以前は限りある大切な時間をめいっぱい使いたかった。

最近はというと一度にたくさんスケジュールを詰めなくなった。

ひとつひとつをゆっくりじっくりな感じ。

そんなことしてたら、いつの間にか流行りとか旬な~とか期間限定~

みたいなキーワードに心が触れなくなっちゃったんだけどね。

ファッションとか、最新号とか話題のものとかも、なんか。

歳のせいもあるねきっと。

ジャンルによっては、これではいかんなとも思ってるんだけど。



以前は最新のアイテムや情報がないと『遅れている』国とか人だと思ってた。

そして自分がもしなにかその新しいものを持ってないとか知らないなら

恥ずかしいなオレ、と感じてたと思う。

そのときはどんどん古いものが新しいものになって便利になることが

豊かさや、もっというと幸せであることとイコールと思ってた気がする。



好きなものをひとつ、古くなっても直しながら使い続ける。

きっと他者との比較をあんまりしなくなったんだと思う。

自分が好きかどうか、でやっと判断できるようになったのかもしれない。

なんかすごく長くなってしまったぞ。
[PR]
by ide2525 | 2015-03-05 20:10 | ミュンヘン