<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

またまた

c0104084_557122.jpg

サッカーの話です。
昨日はEURO 2008 ドイツ対トルコでした。
どちらが勝ってもおかしくない、
とくに終盤はとても緊張したいい試合でした。
トルコは本当に最後まであきらめないチームで、
実際にまたまた終盤で同点にするし。
とにかくこれでドイツは決勝進出!

でもこれってなんなんだろ?
チャンピオンリーグではここ数年
ブンデスリーガのクラブの成績はよくないのに、
ナショナルチームは強い。
今回も、大会前は優勝候補と言われ、
でもグループリーグでは調子に乗れず、
あれれ?となって。
でもここまで終わってみれば前評判通りの決勝進出。

スペインなんかで、クラブが強くてもナショナルチームになると
優勝できないのはそもそも国!が違う選手同士だからだ、とか
言われてるけど。
でもドイツも実は統一は結構遅いのだ。
同じドイツ語といっても言葉(方言)も結構違うので、
本当に隣の都市のクラブチームなんか仲良くないし、
チャンピオンリーグで同じドイツのチームを応援するよりかは
他の国のチームが勝つことを願ってる。
大陸的には、他国であってもおかしくないとこと
『一つの国』になってるんじゃないかと。

にもかかわらずまとまることが出来るのは
これは国民性なのかな?
いい意味でも悪い意味でも集団でまとまってなにかをすることが得意な人達。
サッカーに関して言えば、ヨーロッパのかなりの国で国民的スポーツなので、
なかなか勝つことは難しく。
なので多くの人達は実は負けることにも慣れていて。
そんななかヨーロッパ選手権とワールドカップとそれぞれ3回も優勝している
ドイツは、イタリアと並んでかなり優越感に浸った回数の多い国民な訳で。
うらやましいかぎり。。。

でももっとうらやましいのは、ヨーロッパ選手権とワールドカップが
2年ごとにやってくるこの環境!これはほんとにうらやましいね。

c0104084_5563637.jpg

ここ最近は車にドイツの国旗を付けてるのを良くみます。
これってワールドカップの時以来。
そういえば前回のヨーロッパ選手権のときには見なかったような。
あ、そうそう、決勝は日曜日、ドイツ対スペインとなりました。
今から楽しみです。
[PR]
by ide2525 | 2008-06-27 05:58 | EURO 2008

いきなりサッカー

c0104084_7401896.jpg

EM 2008の話です。
サッカーのヨーロッパ選手権です。
中学、高校とサッカーしてて、
今ではもっぱら観戦のみですが、大好きです:-)

トルコ、劇的な勝利でクロアチアに勝ちましたね。
これで次のドイツの対戦国はトルコ!
これはかなり盛り上がる予感!?

前回のドイツ開催のワールドカップにはトルコは参加できず。
彼らの熱き思いはそのまま今回のヨーロッパ選手権へ。

しかもドイツ国内に住むトルコ人移民の数はハンパじゃない。
なんと200万人以上!!
ドイツ国内の移民法等の問題では必ず代表格として!でてくるトルコ人。
日頃ビミョーな?関係のドイツ人に憂さを晴らすことが出来るか。

トルコ人は勝てばその夜は旗を振りながら
クラクションを鳴らして走る車がいっぱい。
今も家の前の大通りは、かなりうるさい。
(信号があって止まっているときも鳴らしてるのも原因)
一方ドイツ人は本大会でも予選トーナメントでは勝ってもあまり
騒がず(勿論試合あるときは社内ではみなでテレビ観戦してます)、
やっとポルトガルに勝って本格的に騒ぎ始めた感じ。

ドイツも実はグループ2位通過だったのを忘れ、やれ優勝だ、
新聞や解説者までが『さあ次はクロアチアだっ!』となって
トルコ眼中になし、な雰囲気のなか勝ったトルコ。
もうこれ以上ないくらい条件が揃ってます。
ビアガーデンや飲み屋、カフェでサッカー観戦をする国なので、
当日は双方が入り乱れての大騒ぎになるやも?

さてさて、自分は(勿論)ドイツを応援しつつも、
他人事としてドイツ(人) vs トルコ(人)のこの一戦、
かなり熱い(イイ)試合になることを期待してます。
[PR]
by ide2525 | 2008-06-21 07:47 | EURO 2008

村のお祭り

c0104084_553772.jpg

5月31日土曜日はカミさんの誕生日でした。

にもかかわらず?招待されたイベントに参加。

オーバーバイエルンという地方のとある家。

その地方は敬虔なカソリックが多いらしく、

彼の家はちいさなチャペルを持っている。

元はお父さんが、亡くなった妻の為に建てたもので、

それ以来、毎年5月の終わりに知り合いを呼んで

お祈りをして、ちょっとした儀式をして。

昔のピストルや大砲を鳴らし、

アルペンホルン隊?が来ることも。

(今年は来ませんでした。)

で、その後は宴会に。


個人的なものであるにもかかわらず、

道(彼の家までで行き止まり)の両側に延々と車が並び、

その大勢の訪問客を受け入れられるホールがあって。

普段なかなか行かない土地と触れ合わない人々との

交流がちょっと新鮮でした。

まあ、こんな誕生日もいいかな、と。

(自分のじゃないけど)
[PR]
by ide2525 | 2008-06-04 05:06 | 休日