カテゴリ:ミュンヘン( 95 )

夏におすすめ

c0104084_4175669.jpg

c0104084_418178.jpg

c0104084_425592.jpg

ミュンヘンの街にイザール川が流れてて

その川の中洲にちょっとした公園がある。

Kulturstrandというその場所は

通りからはちょっと見えづらくて

橋から降りていくと

真ん中に噴水があってその周りを囲むように屋台が出てて

自由に使えるデッキチェアが置かれてて

川と緑に囲まれてのんびりとした時間をすごせる。

夏の間(ってたしか8月15日までだと思う)夕方から

日替わりでバンドの演奏もあって

大人も子供も楽しめる憩いの場になってる。

夜になると木に吊るしてある傘がランプになるんだよ。






[PR]
by ide2525 | 2017-08-15 04:21 | ミュンヘン

ピンぼけ

c0104084_66104.jpg

c0104084_664544.jpg

c0104084_6717.jpg

c0104084_672198.jpg

c0104084_673838.jpg

c0104084_675463.jpg

もうね、人生なんて失敗だらけ。

写真も一緒。

すごくいっぱい。

フィルムが噛んでないと思って裏蓋を開けちゃうとか普通。

そのときはやっぱちょっとへこむ。

でもさ、そんな失敗写真も嫌いじゃないんだよね。

フレアも、ピンぼけも、光が入っちゃてるのも味だと思う。

人にはまったく何撮ったのか伝わらないのかもしれないけど

もしくはボツ写真なのかもしれないけど

それでもオレは嫌いではない。

あぶみとか、曖昧とか、なんかそんなのに似てる気がする。

いい加減でちょうどいいじゃん、なんて。

ってか失敗だけかき集めさせたらオレ凄えぜ!みたいな。






[PR]
by ide2525 | 2016-12-19 06:14 | ミュンヘン

好きに生きるということ

c0104084_2018456.jpg

ガツンと寒い冬がやってきてヒートテックが手放せないぞ。


先週末からアドベントも始まって室内もかなりクリスマス仕様。



決まったレストランでいつも決まったメニューしか食べない同僚がいる。


タイ料理に行くならこの店でこの料理、カレー食べに行くならこの店でこれ、


イタリアンならここでこの料理という風に決まっていて

だからランチに決まったとこしか行かないしメニューも見ない。

それ以外のお店に行くこともないし

いつものレストランで違う料理を注文することもない。

理由は気に入ってるもの以外を食べてがっかりしたくないし

別のものが食べたければ別の店に行くそうな。

まあある意味合理的(かな?)。



いつも黒色で同じ形の服を着てる同僚がいて

気に入ってるものを着ていたいそうな。

同じものだけを何着も持っているんだろうけど(そうであってほしい)。

オレもその気持ちはわかるけど、でも毎日って。

キャラが濃いぞ。

小津安二郎みたい。



前いた会社に陽気なオランダ人が居た。

ってちょっと前まで一緒の部屋で働いてた訳だけど。

彼と知り合ったのは2年前でその時彼はまだ20歳で学生だった。

ドイツに来てまだ間もないのにすでにオレよりドイツ語がしゃべれた(涙)。

いつも人を笑わせててよく喋って人気があった。

若いのに会社を立ち上げてさ。

趣味ではスキーが好きでインストラクターの資格も持ってて。

週末になるとスキーツアーのガイドをして。

今年もまたスキーのシーズンが始まって

ツアーガイドをしに山に行って帰らぬ人となってしまった。


彼はまだ22歳だった。





人生は何があるかわからないよ。

もしかしたら自分が思ってるよりかなり短いかもしれない。

なんてことのない時間が大切な時間かもしれない。

もしも何かを我慢してるなら

そんな時間はもったいないなって思う。

好きに生きようって。






[PR]
by ide2525 | 2016-12-04 20:33 | ミュンヘン

Wissen

c0104084_1941930.jpg


ミュンヘン大学(LMU)の広報プロモ。

Ludwig-Maximilians-Universität München

知ることで得られることいっぱい。

解決できることもね。

ちゃんと学んでおけばよかったな〜なんて

いまさらながら思うこといっぱい。

知ること=知識は自分を助けてくれると思う。



このビデオを見てさ、

今はこのドイツ語が何を言ってるのかわからなくっても

なんかここで学びたいって思う人もいるかも。

言葉の壁(←邪魔だなこれ)よりもっと多くのことを手に入れられると思うし。

他国で学ぶことも『知ること』のひとつだと思う。






[PR]
by ide2525 | 2016-10-22 19:45 | ミュンヘン

笑顔は万国共通だと思う

c0104084_3121324.jpg


笑顔が似合うひとって憧れた。

えくぼが出来るひとと目が三日月になるひとも。

喋りながら笑って楽しそうに話すひととか。

聞いてるこっちまで幸せにしてくれる。



どこかで聞いた話だけど

1日2分の笑いは30分ジョギングしたのと同じ効果があるらしい。

ほんとかな?



果物をよく食べる。

写真のはミラベル。

黄色もオレを幸せにするもののひとつなり。






[PR]
by ide2525 | 2016-10-17 03:13 | ミュンヘン

暑く黄色い8月

c0104084_15132171.jpg


黄色って見てるだけでテンション上がる。

黄色だっていうだけで衝動買いしてしまうことあるし(笑)。

今の仕事を始めた一番最初のころに先輩に

『何が好き?』って非常にばっくりとした質問をされて

『アディダスか黄色』って答えて笑われた。

その頃はジーンズさえも黄色い501を履いてた。

もう20年も前の話だけど。



また8月がやってきて歳をひとつ重ねることが出来た。

カミさんの毎月の花シリーズとともに

今月に我が家に来たのは黄色いひまわり。

すごく大きくて黄色くて、見てるだけで元気が出る。

カミさんといえばまた9月から始まる

家と手芸屋での刺繍教室の準備でなにやら忙しそう。

そんなこんなで2016年の8月下旬の天気予報は

めずらしくもまた暑い日が戻ってくるらしい。






[PR]
by ide2525 | 2016-08-25 15:14 | ミュンヘン

1億分の1の思い

c0104084_23551714.jpg


昨夜のサッカーのドイツ対イタリアの試合はすんごくよかった。

あのレベルの真剣な試合ってそうそう見れない。

後世に語りつがれるようなものを見た感じ。



在外選挙をするために領事館に投票をしに行ってきた。

国政選挙のときは大使館と領事館は土日も開けて受け付けてて

外国に住んでても登録をすれば選挙に投票できるんだよね。

1週間前までが期日なので日本ではまだ選挙運動中に投票することになるんだけど。



正直、こっちに来てから選挙ってしてこなかったんだよね(いかんな)。

でも政治家や法律や憲法改正とかで文句は言ってたりしてさ。

なんかちょっと違反しちゃったり法律上無理なこととかで

不満や反対なこととかあって文句や悪口言うことってあると思うんだよね。

駐車違反で罰金いくらって高くない?とか条例でダメっておかしくない?とか。

もしくは年金問題や少子化や保育園の問題、なんでもいいんだけど。

じゃあ選挙に行って(もしくは立候補?)その法律や条例を変えればいいんじゃないかと。

文句ではなく、自分がいいなと思うように変えればいいんじゃないかと。

ちょっと極端だけどさ。

だから文句や悪口があるなら参加しないとだな、なんて。

政治に参加してないのに文句だけ言うとかいけないなと思ったんだよね。

なんか筋が通ってない気がする。

今のこっちの会社のミーティングとかの場でもさ

みんな絶対に意見は持ってると思うんだけど

例えば考えや意見があっても自己主張しない人は

意見がないもしくは同意した人としてみなされるし

後で文句言うのは無しなんだよね。

ここらへんはかなりさっぱりしてる。

だからちゃんと自己主張しないと存在感まったくなし。

その分、討論に慣れてるのかあんだけ口論してたのに

ミーティング終わるとまた仲間に戻れるのもすごい。



そう、投票は自己主張なんだと思う。

やらないと文句を言う権利もないと思ったし。

自分の明日の行動を他人に『お前はあれやれ』とかって指図されたくもないし。

自分達の将来のことを決めることに近いかも。

人それぞれだから右でも左でも賛成でも反対でもいいんだけど

有権者(って1億人だっけ?)のなかのたったの1票だけど

全員が投票したら1億票でしょ。

ちなみにドイツの投票率は下がりつつあるけど前回の選挙で70%ちょい。

日本より自己主張してるっぽい。

いつの日か友達との集まりとかでの会話のネタに

政治の話とかが普通に出てくるようになったら面白いな。

そんなことを思って今回の参議院選挙、

オレの思いを日本に送っておきましたとさ。






[PR]
by ide2525 | 2016-07-04 00:10 | ミュンヘン

EM 2016

c0104084_643889.jpg


家の近所には何気にクロアチア系な店がいくつかあって

サッカーの試合でクロアチア戦があると

赤白のチェックのユニフォーム着た人で店が溢れかえる。

そして点が入ったときとか、彼らの野太い声が響く。

根本的に骨格が違うんだと思う。



こういうヨーロッパ選手権とかのイベントを見ると思うんだけど

ほんといろんな国の人がここにいるんだなって思う。

人のこと言えないけどね。

学校や会社で4人に1人は外国人がいる環境って

以前は想像もできなかったと思う。

クロアチア、なんか興味湧いてきたな。

今度行ってみようかな。サッカー強いし。






[PR]
by ide2525 | 2016-06-23 06:07 | ミュンヘン

目で記憶するということ

c0104084_735559.jpg


毎年4月と5月はこのときとばかりにアスパラをよく食べてて

白アスパラのときはさらに茹で汁を使って次の日にスープかリゾットにするのが好き。

これで2日うれしい。

でも食べた後のトイレは好きではない。



いよいよまたサッカーのヨーロッパ選手権が始まって

前回の大会からもう4年も経つんだな〜なんて思ったりして。

気がつけばこっちでももう4回目の大会を観てるんだなとか

ぼおっとしながら想い返してる。



想い返してるといえば

去年の今頃はデンマークに遊びに行って

あれからもすでに1年経っちゃったんだななんて。

なんかさ、写真撮ってあとで見てもそのときの感動が

うまく伝わってないときとかってあるなって思うんだよね。

壮大な風景だったり綺麗な夕日とか。

あれ、こんなんだったっけ?なんて。

すっごく感動したコンサートをあとでビデオで見たら

イマイチその感動が伝わってこないのと一緒で(一緒かな?)。

そんなとき思うんだよね、カメラや映像は目に敵わないって。

だから記憶に残したいなとかすごく感動的な景色だななんてときは

写真撮ってる時間があったらちゃんと目に焼き付けておこうって思ってる。

(あ、もちろん写真も撮るけど)

そしてちゃんとその瞬間を大事にしようって。

でも逆にどんどん目は衰えて記憶は薄れていくんだって。

写真や映像はそのための補填のような気がする。



関係ないけど『使い道のない風景』っていう本が好きだったな。

なんてまた相変わらずぐるぐるといろんなことを考えてる。






[PR]
by ide2525 | 2016-06-13 07:08 | ミュンヘン

Kaffeezeit

c0104084_227264.jpg


c0104084_228724.jpg


急に暖かくなってすっかり春めいてきてなんかうれしいぞ。

コーヒー豆を挽いた匂いが好きなオレは、最近は

朝とか軽めにさらっと飲みたいときはフレンチプレスにして

しっかり味わいたいときはドリップにしてる。



浅く挽いてフレンチプレスにして

でもほんのちょっと長めに置いておいて。

軽いんだけどしっかりと、そして柔らかい味になる。

フィルターを通さない分

ちゃんと油分というか豆のうまみが残ってる。

でこれをガラスのコップで飲んでる。

口当たりの厚いやつ。

容れ物が違うだけで味が変わってくるから不思議だよね。



夜やゆっくりと飲みたいときとかは

長く挽いてドリップコーヒーで飲んでる。

日本にいたとき以来。また始めた。

ほんと琥珀色になるんだよね。

このときは陶器のカップで飲んでる。

基本的にコーヒーカップの縁はすこし厚みのあるほうが好み。

でもファイヤーキングまではいかない。



ちょっと手間暇かかっちゃうけどこんな時間もいいなって思う。

っていうかなんかこういう時間が贅沢というかちょっとした幸せを感じる。

コーヒーを作ることだけに集中してられるし。

たとえピリピリしてても落ち着くんじゃないかと思うくらいに。



どうも『簡単お手軽』とか『効率良く』とかとうまくやってけない自分がいる。

なので以前も書いたけどカプセルのマシンとかそそらないし

エスプレッソ飲むときもマキネッタ使ってコンロとにらめっこしてる。

そんな我が家のコーヒータイムはオレにとって

生活の中で欠かせないもののひとつになってる。

ちなみに2枚目の写真のカミさんの刺繍作品のタイトルはKaffeezeit。

単色でシンプルなとこがオレは何気に気に入ってる。

手前の毛糸のポット、ヌルメスニエミそっくりじゃね?




[PR]
by ide2525 | 2016-04-05 02:30 | ミュンヘン