カテゴリ:映画( 8 )

多様性のなかに生きるということ

c0104084_121449.jpg


何年か前に会社の同僚が面白かったと言っていた映画をようやく観た。

ドイツ語で Monsieur Claude und seine Töchter。

邦題は『最高の花婿』。

改めてフランスは強いなって思った。

『多様性』が言葉ではなくすぐそこにある。

アメリカも移民の国だと思うんだけど、

宗教や民族や文化を笑いに出来ない気がする。

うまく言えないけどアカデミー賞とカンヌの違いな感じ。

もし映画のなかで日本人が出て来たらどう描かれていたんだろ?

ちなみにこの映画のことを笑いながら話してくれた彼は

アルジェリア系フランス人で彼の奥さんはドイツ人。

そんな彼は4ヶ国語をしゃべり奥さんは日本語を話せる。

何ヶ国語も話せるっていう人が英語圏ではない国でときどき出てくる。



そうそう、ぜ〜んぜん関係ないけど

ララランドが今年観た映画のなかで一番だと思う。

ってまだ3月が終わったばっかりだけど。






[PR]
by ide2525 | 2017-04-10 01:22 | 映画

『地球が壊れる前に (before the flood)』

c0104084_844454.jpg


環境汚染と地球温暖化がテーマのドキュメンタリー

レオナルド・ディカプリオが取材をしてる。

かなり見ごたえあり。

11月8日まで(ってあと2日じゃん!)無料で見られるらしい。

youtubeにもアップされてたけど。

何が本当かわからないけど

このままいくと2040年に北極点に船で行けちゃうっていう話、すごくない?

NASAの人の言ってることもヤバすぎ。



平均寿命がこのままだとすると

今生まれる子供たちの多くは22世紀の世界が見られるわけで

おそらくその世界はまたまったく違ったものになってるんだろうね。

子孫を大事にするそばで自動車や電化製品に囲まれてしまってて。

知ってたけど無視してた感じ。

まあ大統領選に合わせてる感も否めないけど

興味深い話だった。






[PR]
by ide2525 | 2016-11-07 08:05 | 映画

君がくれたグッドライフ

c0104084_5554548.jpg


この時期しか食べられないし〜とか自分に言い訳しながら

白アスパラガスを毎週のように食べててちょっと幸せな日々。



自転車にランドナーっていうのがあって(今もあるのかな?)

カミさんの持ってるタイプとかもそれ。

いわゆるツーリング向きというやつ。

自転車はミュンヘン市内でも専用レーンがあってたくさん走ってるけど

休日に湖畔とかに行くと自転車でツーリングしてる人をほんとによく見かける。

郊外行き電車には自転車が載せられるスペースもあるし。

オランダやデンマークほどじゃないけど

ドイツも自転車大国だと思う。



もうすぐ日本で上映されるドイツ映画『Hin und weg』。

邦題は『君がくれたグッドライフ』(ドイツ語と全然違うな)。

奥さんのキキ役の女優さんが好み(ん、関係ない?)。

友達みんなで自転車ツーリングしながらベルギーを目指すんだけど

平野のなかの並木道などの自然の景色や小さな街の雰囲気とか

ある意味ドイツ人がやることというか

ドイツっぽい雰囲気が伝わる映画だと思う。

映画音楽もうまく合ってると思うし。

テーマはちょっと(いや、かなり)重いから観る前に覚悟は要るけど。

オレは笑ってそして泣いた。

すごく好きな映画のひとつ。

ドイツの風景と友情と映画音楽と。

地味な映画だけど、日本でどんな評価を受けるのかちょっと楽しみ。






[PR]
by ide2525 | 2016-05-06 06:02 | 映画

自分がいいと思う気持ちを大切にしていきたい

c0104084_0562486.jpg


前回、映画の話をしたのでなんとなく。

以前『海のふた』という映画を観て思ったこと。

自分がいいと思うその気持ちを大切にしていきたい。



モノを買う時に好きか嫌いかでまずは判断したい。

セールだったから買った、高いから買うのやめた、というお金の基準ではなくて。

勿論払える限度はあるけどね。

でも、とりあえずやっぱりまずは自分の好みかを問いたい。



何かを選ぶ際にきちんと好きだと思えるモノを選びたい。

便利とか最新とか流行ってるからとかではなくて。

好きなら、たとえばちょっと不便だったり古かったり人気がなくても

愛着が湧いてずっと使い続けられるから。



だからまずはちゃんと好き嫌いが判断できる人間でありたい。

いっぱい見て知って。自分がどう思うかを意識して。

好きなモノに出会った時に自分の言葉でこれは好きって言えるように。

そしてその感性を大事にしたい。

自分がいいなって思ったその気持ちを大切にしていきたい。



あれ、この映画ってそんなテーマだったっけ?

かき氷とこの感想とどこが繋がってるんだろ。

まあいいけど。

あとはこの映画の持ってる空気感が好きだな。

主演女優の雰囲気ともよく合っていたと思うし。

土肥はよしもとばななが家族で行ってたとこなんだって。

写真は一昨年の年末に伊豆に旅行に行った時に

土肥付近から撮った富士山。

伊豆って東と西とでは全然雰囲気が違うんだよね。

そんなことをつれづれに思いましたとさ。
[PR]
by ide2525 | 2016-01-11 00:59 | 映画

Finding Vivian Maier

c0104084_664577.jpg


今年のユーロヴィジョンで優勝したConchita Wurstヤバすぎっ!



さてさて、話がっつり変わるけど。

自分は正直いってモノクロ写真にそこまで興味がないし

少なくとも自分自身でモノクロを撮ろうとは思わない。

でもいい写真だなあって思う写真がモノクロということはかなりよくある。

なんだろう、あの独特な黒の描かれ方とかかな。

もしかしたらそこも今でも人気の理由のひとつなのかもしれない。



Vivian Maier。この人の撮る写真もすごく雰囲気がいい。

カラーでも撮ってるけどモノクロ写真で撮った人物の表情と切り取られ方がすばらしい。

彼女のその独特な性格と孤独さが伝わってくるような。

インパクトがありすぎ。

彼女のドキュメンタリー映画、ドイツや日本でも公開されるんだろうか。

してほしいな。
[PR]
by ide2525 | 2014-05-12 06:07 | 映画

Wer ist Thomas Müller

c0104084_20461987.jpg

すっかり忘れてたけど、いよいよサマータイム突入。

時計の針もすべて直したらなんかもうひと仕事した感じ。



『標準的な(典型的な?)ドイツ人』とはいかなる人物か??

統計を取ったのがあって例えば

生涯で合計睡眠時間は24年間、とか

一生のうちトイレに入っている合計時間は6年間、とか。

で、一番多かった名前はトーマスミューラー。

全国に約5万人ほどいるらしい。

そういえばドイツのサッカー代表にもいるしね。

ドイツと言えばトーマスミューラー。

日本で言えば山田太郎?

それとも高橋さんとか鈴木さんとか、まあそんな感じ?(テキトーすぎか?)

で、そんな典型的な名前を持つ全国のトーマスミューラー達さんに

出演してもらってドキュメンタリー映画にしたのが、

Wer ist Thomas Müller。

さまざまな職業のトーマスミューラーさんが語るというもの。

『標準的なドイツ人』が垣間見れます。

勿論あのドイツサッカー代表の方も出演しておられます。



日本人ではどうなんだろ??

お互い日本人同士だからという理由だけで知り合いになることがあるけど、

とは言ってもいろんな人がいるんだなあ、っていう実感。

歳も、育った場所も、家庭環境も違ったら見てきたことが違うし

結果同じ日本人だけど、当たり前だけど、意見も性格も違うよねっていう。

お互い日本人だけど、ドイツ人とかに日本のこととか聞かれたら

違うこと言う可能性もあるよな、とか

日本人だけど九州のこと聞かれても答えられないし、とか。

『標準的な日本人』というのを知りたい。

ま、知ってどうなる訳でもないんだけどね。(あれ?)
[PR]
by ide2525 | 2014-03-30 20:49 | 映画

Kochen ist Chefsache

c0104084_650338.jpg


先週末は映画を観て来た。といっても今こちらで話題の"Bavaria"ではなく

(これってバイエルン州以外でも騒がれているんだろうか?)

ジャン レノ主演のフランス映画。



日本人としては、、、なところもあるけど、

コメディならではでテンポもいいし、

上映時間も短いのでさらっと観れていい。

料理は科学だ!といって憚らないうちのカミさんの言葉も納得!?



味(又は趣味とか)という意味でGeschmackっていうドイツ語があるんだけど、

これに事(とか物とか)というSacheをつけてGeschmacksacheにすると

『それって好みの問題だよね〜』とかっていうときに使える言葉になるんだけど

料理って作る人(の好み)によって味とか変わるんだなあって思うと、

なかなかうまいタイトルだな、なんて思ったりして。
[PR]
by ide2525 | 2012-07-29 06:50 | 映画

PARIS, TEXAS

c0104084_19122482.jpg

久しぶりに『パリ、テキサス』を観た。

アメリカの持つバックグラウンドって

良きも悪きも"経験"なのかな、って思うときある。

移民と離婚と精神病とパッチワーク家族。

都市もロスアンゼルスのような街並みもあれば

テキサスの荒野もあって。

人が初めて遭遇して驚いたり困ったりした事柄を、

もうアメリカはすでに経験済み、みたいな。

ちなみにお母さん役はナスターシャ・キンスキー、ドイツ人なり。
[PR]
by ide2525 | 2010-07-04 19:19 | 映画