<< 1億分の1の思い EM 2016 >>

いつかついていけなくなるんだろうなって思うこと

c0104084_19261069.jpg


ドイツのスーツケースメーカー、RIMOWA。

自分もスーツケースもここのアルミニウム製。

TSAロックがなかった頃のでもうそれなりに古く傷ものだけど。

そして重い。でも好きな形してる。



そんなリモワが電子タグ付きスーツケースをいよいよ出したんだよね。

すでにチェックインを携帯で済ませてるのに

預け荷物があるからやっぱり並んで〜っていう時間がすこしは省けるかも?

タグがなくなるとかの心配もなくなるし。

このサービスはまずルフトハンザから始まるらしい。



なんかさ、こういうのを知ると

たしかにちょっと考えればデジタルなら今の時代出来るよねなんて思うことも

それでもやっぱりそこには未来を感じる。

今後の工業製品と生活環境はインターネット(というかデジタル?)ありきなんだと思う。

そしてこのサイクルはより早くなっていくんだと思う。

まさにIoT(Internet of Things)の時代。

でね、ここでオレが思ったのはドイツのIndustrie 4.0というもの。

知ってる人もいると思うけどオレなりにばっくりと言えば(雑だから注意してね)

これから来る時代にそれぞれ個々の企業が対処、開発していくんじゃなくて

ドイツ政府も関与して官民一体となって(古い表現だな)取り組むという

そしてそれは他の業種も含めて繋がっていくことで効率も上がって

経済効果が見込まれる〜というような感じかな?

それにはインターネットを介した他業種との連携や

より高度なデジタル化が必要で、みたいな。(雑すぎた?)

IoTをリモワがルフトハンザと(どちらもドイツ企業ね)組んでやった

ということがなんかこのIndustrie 4.0と関係してんじゃないのかなって。

だとするとドイツのこの試みが将来の中心になっていくんじゃないかと。

そしてデザインの有り様もそれに合わせて変化していくんだと思う。



なんて思いついたこと書いておいておきながら

新しく電子タグ付きスーツケースに買え変えることは当分ないと思う。

今のが丈夫すぎて壊れないし汚れた感もそれなりにいい味出してるし。






[PR]
by ide2525 | 2016-06-26 19:38 | Design
<< 1億分の1の思い EM 2016 >>