<< 国旗が変わるかもってだけでもす... お節とあんとどら焼き >>

自分がいいと思う気持ちを大切にしていきたい

c0104084_0562486.jpg


前回、映画の話をしたのでなんとなく。

以前『海のふた』という映画を観て思ったこと。

自分がいいと思うその気持ちを大切にしていきたい。



モノを買う時に好きか嫌いかでまずは判断したい。

セールだったから買った、高いから買うのやめた、というお金の基準ではなくて。

勿論払える限度はあるけどね。

でも、とりあえずやっぱりまずは自分の好みかを問いたい。



何かを選ぶ際にきちんと好きだと思えるモノを選びたい。

便利とか最新とか流行ってるからとかではなくて。

好きなら、たとえばちょっと不便だったり古かったり人気がなくても

愛着が湧いてずっと使い続けられるから。



だからまずはちゃんと好き嫌いが判断できる人間でありたい。

いっぱい見て知って。自分がどう思うかを意識して。

好きなモノに出会った時に自分の言葉でこれは好きって言えるように。

そしてその感性を大事にしたい。

自分がいいなって思ったその気持ちを大切にしていきたい。



あれ、この映画ってそんなテーマだったっけ?

かき氷とこの感想とどこが繋がってるんだろ。

まあいいけど。

あとはこの映画の持ってる空気感が好きだな。

主演女優の雰囲気ともよく合っていたと思うし。

土肥はよしもとばななが家族で行ってたとこなんだって。

写真は一昨年の年末に伊豆に旅行に行った時に

土肥付近から撮った富士山。

伊豆って東と西とでは全然雰囲気が違うんだよね。

そんなことをつれづれに思いましたとさ。
[PR]
by ide2525 | 2016-01-11 00:59 | 映画
<< 国旗が変わるかもってだけでもす... お節とあんとどら焼き >>