<< 秋の夜長なイベント サセックのこと >>

本の存在

c0104084_0433038.jpg


オレは本はデジタルではなくちゃんと持って触ってめくりたい派(なんかいやらしい響きだな)。

以前日本からドイツに持ってこれなかった本をほぼ全て処分した時があって。

小説とか読むの好きだったしデザインに関するものは高くても『自己投資』みたいに思ってたし

そうやって買い続けた本たちは捨てられなくってそれなりに多くなって。

でも場所取るし今時デジタルで見られるし欲しいならまた買えばいいし

なんて自分に言い聞かせて。ついでにCDもね。

でも売ってからなんか喪失感がすんごく来て。ど〜んて。

自分でもちょっとびっくりした、ここまで落ちるんだって。

自分の過去を捨てたというかとっても大事な物をなくしてしまった感じ。

これでよかったんだよって自分に言い聞かせてもダメだったね。

読んでた時の情景とかそのとき思ったこととかどこかの展覧会に行った際の風景とか。

そんな自分の中の記憶のアルバムを捨てたような感じで。

でも買い戻そうかと思ったらあんなに安い値で売ったのに

デザイン本なんかやっぱり古本でも高価な値で売りに出されていて取り返せず

気分はさらに重く暗いものになってしまった。



集めてた雑誌ももちろん全部売ったり捨てたりしてしまったんだけど

その中にEsquireでドイツ製が特集になってたやつがあって

これがオレがドイツに来るきっかけのひとつ。

読んで、へ〜ってなって、いい仕事してんじゃん、

なんかオレ、いつかドイツ人と一緒に仕事してみたいな〜って漠然とね。

もちろんこれももう手元にはないんだけどね。思い入れのあるもの(だった)。



写真はバイエルン州立図書館の玄関入ったとこ。

州立と威張って言うだけあってかさすがに本はいっぱいだし雰囲気も重々しい。

土日も開いてて地下にはカフェもあって何気に休憩ポイントにもなっちゃったりする。
[PR]
by ide2525 | 2015-11-16 01:19 | ミュンヘン
<< 秋の夜長なイベント サセックのこと >>