<< カスタード好き ソーセージとマスタード >>

アパート文化論

c0104084_1832141.jpg


今住んでるアパートはドイツでAltbau(アルトバウ)と呼ばれててちと古い。

引っ越しの際にせっかくだから住んでみようって探したのだ。

もっと古い物件なんかいっぱいあるはず。

戦争を経験した土地にもかかわらず。

イギリスやフランスなんか数百年前のアパートとかもあってやっぱり人気らしい。

でもちゃんとリノベされてるから外見は古いけど中は結構キレイだったりする。

取り壊さずに改装して維持してきてる。

関係ないけどFC Bayernの本拠地がアリアンツアレーナに移っても

まだオリンピック公園内の競技場ってあるんだよね。取り壊されてないの。

国立競技場は新しくなっちゃうんだよね。築地市場も。



建築物ってアパートでさえ文化だとオレは思う。

今はただ古いだけのものでも、もしかしたらあと100年後の世代には

カッコよくておしゃれなものに見えるかもしれない。

同潤会アパートのように。

それとか当時の生活を知る貴重なものになるかもしれない。

へ~当時は階段っていうのがあったんだ、みたいな?



文化や伝統や歴史の長さみたいなものは大事にしたいな。

そしてちゃんと残して受け継いでいけたらいいな。

100年後の世代もこのアパートを使い続けてるのを想像したら

ちょっとすごいな、なんて。
[PR]
by ide2525 | 2015-03-16 18:34 | ミュンヘン
<< カスタード好き ソーセージとマスタード >>