<< HOKO 第1アドヴェント >>

エレベーター

c0104084_7252845.jpg

今住んでる建物のエレベーターは手動トビラ。
エレベーター内のドアと手前のドアの二重になってる。
これがどのくらいあるのかわからないけど、
そんなにめずらしくもないっぽく、もう見慣れた。
でもこの前エレベーター内のドアがないのに乗ったときはびっくりしたけど。
うまく言えないけど乗ると内部の壁が上下に移動していく感じ?

で話戻ってこのエレベーター、まだキチンと止まる前に
ドアを開けようとしたらロックされる。(危ないから当然だね)
しばらくすると解除されるんだけど、
なかには閉じ込められても力任せにドアを開けようとしてる人もいる。
無理なんだけどね。
というか、その仕組みをいいかげん気づいたほうがいいと思うんだけど。
それでも相変わらずたまにどんどんっとロックされたドアを
押したり引いたりしてる音が聞こえる。

で、問題がエレベーター横にあるラッパ型の非常ベル。
実はこのエレベーター、よく止まる。
タイミングが悪いと閉じ込められる。
やばいと思ってエレベーター内にある非常ベルボタンを押すと、、、

エレベーター横にあるこのラッパ君が大きくキンコンッと鳴ってくれるのだ。
どこか管理センターとかに繋がるのではなく。
で、鳴ると誰かマンション内の住人で気づいた人がとことこ
やって来てくれて助けてくれるとてもすばらしい仕組み。
このすばらしいシステムの問題は、誰も来ないときはずっと待ちぼうけ。
しかもこのベル、自分が閉じ込められたときはベルも壊れてて、
小さく(キンッ)って鳴って終わり。
え、これじゃ誰も気づいてくれないじゃん!っていうくらい。
狭いエレベーター内から必死にボタン押しつつ誰か来てくれるか
耳そばだててるんだけど、聞こえてくるのは頼りなく情けない
蚊の鳴くような非常ベルの音、、、

それからはちょっとしたこと、例えばゴミ出しとかで家から出る際にも
携帯を持つことにした。
なので最初に閉じ込められたときはすんごくあせったけど、
2回目からは余裕、家に電話してカミさんに一言、
『今またエレベーターのなか。出して~』
[PR]
by ide2525 | 2010-12-06 07:25 | ミュンヘン
<< HOKO 第1アドヴェント >>